口臭と体

口臭と体のメカニズムの共通

人間の体でなぜあのような口臭のキツイ臭いが出てくるのか?
これは体の構造が関係しています。

 

口臭とフケは、似た一面があると思います。メカニズムが非常によく似ているのです。
まずフケというのは、頭皮の部分が乾燥することによって発生します。乾燥が発生すると頭皮の一部が、ちょっと取れやすくなってしまうのです。ちなみに角質層と呼ばれる部分が取れるのですが。

 

ですので頭皮への乾燥状態は、フケを招くわけです。頭皮に対して乾燥状態が発生しないことが、フケ防止につながってくるでしょう。

 

ところで、それは口臭にも似ています。口臭というのは口の中が乾燥状態になる事により、発生する症状です。そのため口の中が乾燥しないよう、極力唾液が分泌されるように工夫する必要があるのですが。
ところでそれは、何となくフケに似ていると思いませんでしょうか。

 

頭皮に対するフケというのは、頭皮の乾燥状態によって発生しているものです。なおかつ口臭の原因も、乾燥なのです。どちらも「乾燥によって、ちょっと普段とは違うものが外に出てくる」という意味では何となく似ていると思います。
それを考えると、人間の身体がドライ状態になるのがあまり宜しくないと言えるのですが。何しろ口臭もフケも乾燥が大きく関係しているという点では、確実に共通していると私は思います。

 

また、体の構造という意味ではなた豆は非常に人に適っています。

 

というのもなた豆に含まれるカナバニンは抗炎症、排膿効果があるとされ、口臭予防に対し非常に有効とされています。
また、体の自浄作用を高めてくれるコンカナバリンAも口臭の原因とされる歯周病菌を抑える体の免疫力を上げるとされています。
なた豆が配合されたなた豆歯磨き粉はこちらから