口臭と体

ビタミンCが口臭に良い理由

 

 

口臭に効果が見込める栄養素というのは、どのようなものがあるのでしょうか。

 

幾つかあるのですが、その1つはビタミンCだそうです。ビタミンCが口臭にどのように関わってくるかと言うと、コラーゲンです。

 

そもそもなぜ口臭が発生するかと言うと、歯の根元にその原因がある場合があります。歯の根元に何らかの悪い症状が発生していると、口がちょっと臭くなってしまうケースがあるのです。ではどのようにすればその歯の根元を改善できるかと言うと、その方法の1つがコラーゲンなのです。

 

コラーゲンと言うと若返りというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、あれは実は歯茎にも良い効果があるそうなのです。コラーゲンが分泌される事で歯茎の改善が行われます。その結果歯の根元が良くなって、口臭が解決できると見込まれています。

 

ですのでビタミンCを摂取することは、口臭解決にも結びついてくると言われています。
ちなみに口臭というのは、年齢とも大きな関係があります。年を重ねると、口内にはある物質が多く分泌される傾向があります。その結果口臭が発生するケースがあるのですが、上記でも触れた通りコラーゲンというのは若返りにも大きな効果があると見込まれているのです。

 

であればコラーゲンによる若返りにより、口臭対策ができるのではないでしょうか。

 

また、これらに加え、なた豆などが配合されたなた豆歯磨きも口臭予防には優れた効果を発揮してくれます。
なた豆はアミノ酸の一種であるコンカナバリンAという物質があり、これらが口臭の原因である歯周病へ作用すると考えられています。